2005年05月01日

寒緋桜

レシピ
ウオッカ 30ml
ちゅらディア 30ml
グレナデンシロップ 5ml
cocktail 288.jpg

シェークで作ります。

特徴
今日はヘルシーにはこだわらずに、SIOさんの悩みの「ちゅらディアのシークワーサーの風味をいかせるか」に挑戦してみました。

ベースは主張しないウオッカにして、ちゅらディアと1:1にしてみました。
このままだと無色透明で見た目が悲しいので、ちょっとだけグレナデンシロップを入れたところ、なかなかきれいなピンク色になりました。
名前は沖縄の桜からつけてみました。

味は、まあちゅらディアの味に少し甘みが加わった感じで、柑橘系の香りも漂っています。
が、うーーーん。なにかもう一味足りないなあ。なにがいいかなあ。
実はこの後でマラスキーノ入れてみたのですが、そっちはさくらんぼの香りが勝ちすぎてだめでした。もうやだ〜(悲しい顔)
cocktail 289.jpg
posted by 藤井直人 at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ブログ見させて頂きましたが、紹介されているカクテルはユニークで美味しそうですね。
最近オリジナルカクテル開発してなかったんで、負けずに作ってみようと思います。

PS.寒緋桜で何て読むんですか?頭悪いんで教えてください。。。
Posted by ヤス at 2005年05月02日 21:08
お。プロの方だ。カウンターの中のお話面白いですね。
これからも暴露話期待してます。:-)

寒緋桜は「かんひざくら」だそうですよ。
> ヒカンザクラとも呼ばれるが、ヒガンザクラ
> (彼岸桜)等の異種と混同するため、そう呼ばれる
だそうです。
Posted by 藤井直人 at 2005年05月02日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3253026
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。