2006年03月28日

パリジャン改

某所で応募していたサンプルが当たったので、早速使用してみました。
甘熟生活」という商品です。

今日届いたので、まずはどんなリキュールの代替として使えるかストレートで飲んでみました。
「そのままお飲みいただくと、胃やのどがあれることがあります」
と書いてあったので ちょっとビビリながら飲んだのですが、確かに酸っぱいですが、それ以上に味の濃さに驚きました。なんというか色々な味が詰まっている濃厚な感じがします。

ということで、第一弾はカシスリキュールの代わりに使ってパリジャンを作ってみることにしました。

レシピ
ドライジン 20ml
ドライベルモット 20ml
甘熟りんご酢 20ml
cocktail 688.jpg

シェークしてカクテルグラスに注ぎます。

特徴
おそるおそる飲んでみたのですが、意外にいけてますね。
ちゃんと濃厚なお酢の味のするカクテルになっています。
ただ、一杯飲み干すと汗がでてくるくらいの強さだったので、もうちょっとお酢は少なめのバランスでもよかったかも。
cocktail 689.jpg

ラベルに「5倍程度に薄めてください」と書いてあったので、これを飲んだ後に

りんご酢 2tsp
ベルモット 45ml

をビルドでオールドファッションドグラスに作ってみたのですが、この程度でも十分特徴が出るくらいの濃度ですね。
次回はもうちょっと薄めに作ってみます。
posted by 藤井直人 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

フィーバー

レシピ
ウォッカ 30ml
ホワイトキュラソー 20ml
グレープフルーツジュース 40ml
cocktail 686.jpg

シェークで作ります。

特徴
グレープフルーツジュースを買ってきたので、久々にチェリーリキュール以外のレシピにしてみました。

ジュースの割合が多目のカクテルですが、意外にフレッシュ感がないのはフレッシュジュースじゃないからかなあ。。
ホワイトキュラソーの甘みとグレープフルーツがあまり合っていない気がします。
うーむ。残念ながら採点は「失敗作」で。
cocktail 687.jpg
posted by 藤井直人 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

セラヴィ

レシピ
ホワイトラム 20ml
チェリーブランデー 20ml
レモンジュース 20ml
グレナデンシロップ 1tsp
cocktail 684.jpg

シェークで作ります。

特徴
久々に出ました、当たりのカクテルです。
作る途中の計量のときから、なんとなく「私好みの分量っぽい」という予感はしていたのですが、一口飲んだ瞬間にグッと来ました。わーい(嬉しい顔)

チェリーブランデーの癖を活かしつつ、ラムの甘さとレモンの酸味が丁度いい具合でバランスしていますね。
グレナデンシロップの色もいい感じです。

チェリーブランデーがあるときの定番カクテルになりそうです。
cocktail 685.jpg
posted by 藤井直人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

キス・イン・ザ・ダーク

レシピ
ドライジン 20ml
チェリーブランデー 20ml
ドライベルモット 20ml
cocktail 682.jpg

シェークで作ります。

特徴
今日は、チェリーブランデーを使うレシピの中でも辛口のカクテルにしてみました。
すっきりした飲み口の中にもチェリーブランデーの香りと甘さが際立っている、リキュールの特徴がよくわかる一杯ですね。

なかなかおいしいのですが、個人的な嗜好の辛口方向とはちょっと異なるので、分類は「普通」に入れてみました。
cocktail 683.jpg
posted by 藤井直人 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

セシリア

レシピ
テキーラ 45ml
チェリーブランデー 15ml
レモンジュース 15ml
グレナデンシロップ 15ml
cocktail 680.jpg

シェークで作ります。

特徴
今日はチェリーブランデーを使ったレシピの中から無難そうなものを選択してみました。
甘さと酸味のバランスが取れてそうな感じですね。

作るときにグレナデンシロップの分量を間違えてちょっと多めに入れちゃったので、それにあわせて他の材料も増やしたために、グラスになみなみの量になっちゃいました。
本当は 30ml,10ml,10ml,10mlとなります。

味は予想通り、なかなかいけてます。
ちょっと後味がくどいような気もしますが、まあ各材料の個性が出ているとも言えるかな。
cocktail 681.jpg
posted by 藤井直人 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

コンカドロ

レシピ
ドライジン 50ml
チェリーブランデー 10ml
マラスキーノ 10ml

シェークで作ります。
cocktail 678.jpg

特徴
今日は確定申告に行ってきたので、会社はお休みしました。
というわけで、久々の平日カクテルです。
マラスキーノとチェリーブランデーを使うレシピを見つけたので挑戦してみました。

が、、、もともとチャレンジングな取り合わせだなあと思いつつ作ったのですが、結果はやはり個人的な嗜好からはちょっとずれた味となりました。
リキュールの個性は出ているので、これは好みの問題なのだとは思いますが、なんというか辛口なんだけど甘ったるいという微妙な味なのです。
チャレンジングな方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しいただいて感想をお聞かせください。わーい(嬉しい顔)
cocktail 679.jpg
posted by 藤井直人 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

オリンピア

レシピ
ホワイトラム 30ml
チェリーブランデー 20ml
レモンジュース 10ml
cocktail 676.jpg

シェークで作ります。

特徴
先週買ったチェリーブランデーを使うレシピを探してみました。
まずはシンプルなものを選んでみます。

ベースのラムの甘さとチェリーブランデーの香りが合ってますね。
そこそこ無難でいけてるのですが、もう一押しなにかが欲しいなと思わせる一杯でした。
なんでしょうね。レシピがダークラムとライムジュースになっているものもありますね。
cocktail 677.jpg
posted by 藤井直人 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。