2005年06月06日

杏露花(シンルーファ)

レシピ
杏露酒 30ml
スロージン 10ml
グレープフルーツジュース 50ml
cocktail 356.jpg

大型のカクテルグラスにシェークで作ります。

特徴
今日も杏露酒を使ったカクテルです。
毛利隆雄氏のオリジナルだそうです。
これが作りたくて、今日はグレープフルーツジュースを買ってきました。

さわやかで喉越しのいいカクテルですね。
ほのかに甘いグレープフルーツジュースを飲んでいるような感じなので、あまり強くない女性向けかな。
cocktail 357.jpg
posted by 藤井直人 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

チャーリーチャップリン

レシピ
スロージン 30ml
杏露酒 30ml
レモンジュース 30ml
cocktail 354.jpg

オールドファッションドグラスにビルドで作ります。

特徴
杏露酒もアプリコットリキュールの一種なので、チャーリーチャップリンのアプリコットブランデーの代わりに使ってみました。

アプリコットブランデーに比べて杏露酒の方が甘さが少ないので、このカクテルもちょっと酸味が勝ってしまいました。
杏の香りはよく出ているので、まあいいかな。
cocktail 355.jpg
posted by 藤井直人 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

マンドレイク

レシピ
ブランデー 20ml
杏露酒 20ml
オレンジジュース 20ml
cocktail 352.jpg

シェークで作ります。
オレンジジュースがなかったので、ポンジュースで代替。

特徴
最近CMやってる永昌源の杏露酒ですが、古いラベルのボトルが先日 半額で処分セールしてたので喜んで買って来ました。

「マンドレイク」って、ハリーポッターに出てくる根っこが顔になってる植物ですよねえ。
泣き声を聞くと死んでしまうくらいの強烈な味なのかと思って 興味半分で作ってみたのですが、それほどでもありませんでした。
甘めのカクテルなのですが、オレンジ(ポンジュース)のフレッシュさがあるので甘ったるくならずにすんでます。
でも私の好みとしてはもうちょっとドライ目がいいかな。
cocktail 353.jpg
posted by 藤井直人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

イエスタディ

レシピ
ドライジン 60ml
オレンジキュラソー 20ml
ライムジュース 20ml
カンパリ 2dash
cocktail 350.jpg

シェークで作ります。

特徴
まだ風邪気味は続いているのですが、さすがに今日はアマレットは飽きたので すっきり系のレシピを探してみました。
3:1:1というバランスのレシピなので 60mlの標準グラスでは測りにくいため、大き目のカクテルグラスが出動しました。

色目はなんだかぼやけてあまり美味しそうな感じがしません。。
が、味はなかなかいけてます。
強めな度数の上にオレンジキュラソーの甘みとライムの酸味がバランスしていて、さらにちょっとしか入れていないカンパリの苦味がちゃんとアクセントになっています。
cocktail 351.jpg

でも2杯分近い量を一気に飲んじゃったから、もうまわってきた。。
posted by 藤井直人 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

フレンチコネクション

レシピ
ブランデー 45ml
アマレット 15ml
cocktail 348.jpg

オールドファッションドグラスにビルドで作ります。

特徴
まだ風邪っぽさは治らないので、昨日に引き続きマフィア系カクテルです。:-)

ブランデーによるのかもしれませんが、ちょっとアマレットに負けているような気がします。
ベースとの相性では、昨日のダークラムのほうが合っているのかな。
とはいえ、鼻も詰まっているので、今日の私の味覚はあまりあてになりません。ふらふら
cocktail 349.jpg
posted by 藤井直人 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

バチスタ

レシピ
ダークラム 45ml
アマレット 15ml
cocktail 346.jpg

オールドファッションドグラスにビルドで作ります。

特徴
今日は鼻炎から来る喉の荒れがひどくなって、風邪の初期症状っぽくなってきました。
子供たちも昨日まで風邪ひいていたし、やばいやばい。
こんなときはアマレットを使いましょう。

ゴッドファーザーのアレンジでダークラムを使ってみました。
フレンチコネクションの名前ルールからするとマフィア系!ということでカリブ海方面のマフィアを探したところ、バチスタ・ファミリーというのが有名だそうです。

味はなかなか合いますね。ダークラムの甘さとアマレットの甘さはケンカせずに溶け合っています。
アルコール度数も強そうなので、今日はこのまま早めに寝ちゃいます。
cocktail 347.jpg
posted by 藤井直人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。