2005年02月15日

ミリオネーア

レシピ
ライトラム 15ml
スロージン 15ml
アプリコットブランデー 15ml
ライムジュース 15ml
グレナデンシロップ 1tsp
cocktail 130.jpg

材料をすべてシェークして作ります。

特徴
ルーさんとの色物競争に陥らないようにふらふら原点に返ってみました。
これ昔よく作ってたカクテルです。
なぜかというと、妻の分と2杯作ろうとすると丁度メジャーカップの30ml側をフルに使えば全部計れちゃうからなのですね。
味はラムベースの甘さの上にアプリコットの甘さも乗るので かなり甘めなのですが、ライムが抑えているのとスロージンとアプリコットの香りがさわやかなので、バランスが取れています。
久々に作ったけど、やっぱ美味しいですね。
cocktail 129.jpg
posted by 藤井直人 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

クロス・ボウ

レシピ
ドライジン 20ml
クレーム ド カカオ 20ml
コアントロー 20ml
cocktail 127.jpg

シェークで作ります。

特徴
お父さんのページから早速参考にさせていただきました。
確かに甘くて濃厚な味わいですね。バレンタインデーだから丁度いいかな。
写真の照明を色々考えてみたのですが、どうもお父さんのような透き通ったような画になりませんねえ...
cocktail 128.jpg
posted by 藤井直人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらにたくさんの人々発見

うお。実はFindBlogという検索エンジンで探しているのですが、ぞくぞくと「おうちでカクテルな人」が見つかりましたexclamation×2

ましゃさんのページ
coro-kakoさんのページ
ぺえさんのページ
ジュンさんのページ

です。
みなさんリンクさせていただきました。(__)

最近 RSSリーダーで読んでいると、「お。これいいなあ。次 自分でも作ろう!」と予約リストに入れるカクテルが増えてきて増えてきて。ふらふら
posted by 藤井直人 at 19:54| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天方面で同志発見

楽天のブログでkool0101さんのページ*ivory*さんのページを発見!
しまった。ブランデーを使い尽くす前にkoolさんのページ見ておけばよかった。

ivoryさんのところはお子さんが小さくってなかなか飲めないご様子。
うちも同じ状況(下の娘が2歳なので妻はなかなか飲みに付き合えません)なのでよくわかります。
昔はベースのスピリッツがガンガン減ってたのですが、私一人で消費しているとなかなか減らないです。妻も味見くらいはしてくれるのですけどね。
posted by 藤井直人 at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

ブルームーン

レシピ
ドライジン 40ml
ブルーキュラソー 20ml
ホワイトキュラソー 20ml
パイナップルジュース 20ml
トニックウォーター 適量
cocktail 125.jpg

材料をシェークしてクラッシュドアイスを詰めたタンブラーに注ぎ、トニックウォーターで満たします。
この量はちょっと大きめのタンブラーの場合です。小さなグラスの場合にはジン 2/5 とその他 1/5 で作ってみてください。
本物のレシピはこれにマラスキーノチェリーとパイナップルを飾るそうです。
あと、トニックウォータじゃなくてレモネードとソーダがオリジナルみたい。

特徴
もう一杯トニックウォーター使わなきゃと思い、100%さんで探したレシピがこれです。
名前どおりきれいな青色ですね。
ブルームーンというカクテルは、ボルスのパルフェタムールを使ったレシピの方が有名ですが、こちらも同じ名前のようです。
味は、甘口のロングカクテルなのでくいくい飲めちゃうのですが、ジンが結構入っているのでかなり酔っ払います。
量も多目なので、このBlog書きながらすでにかなりまわってます。ふらふら
cocktail 126.jpg
posted by 藤井直人 at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアポートドリーム

レシピ
ウォッカ 30ml
ブルーキュラソー 20ml
レモンジュース 10ml
メロンリキュール 1tsp
トニックウォーター 60ml
cocktail 123.jpg

材料をシェークしてサワーグラスに注いだ後、トニックウォーターで満たします。
うちにはサワーグラスないので、これはシャンパングラスです。
本当はさらにミントチェリーとマラスキーノチェリーを沈めるそうです。

特徴
今日はロングカクテルな日にしようと思って、手持ちのリキュールとトニックウォーターでできるレシピを探してみました。
透き通った青緑色がきれいなカクテルができました。
味は、ほんのりメロン味にトニックウォーターとキュラソーの甘みがかぶりますが、炭酸系なのですっきりした飲み口です。
量も多くないので、あっというまに飲み干しちゃいました。
ところでマラスキーノチェリーってみなさん家に常備してます?
オリーブはありだとしても、チェリーってありかなあ?
それを考えるとパールオニオンを自宅用に買うってのはつくづく勇気あるなあ!
cocktail 124.jpg
posted by 藤井直人 at 21:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

ミズーリミュール

レシピ
ドライジン 35ml
レモンジュース 15ml
クレームドカシス 10ml
cocktail 121.jpg

シェークで作ります。

特徴
こんどは辛めで作ってみました。
なかなか美味しいです。ホワイトレディのカシス版って感じでしょうか
しかし 10mlとか15mlとかってメジャーカップで測るの難しいですね。
早く内側に目盛りの入ったメジャーカップを探さなきゃ。
大阪千日前の道具屋筋にあるかなあ。
cocktail 122.jpg
posted by 藤井直人 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コパカバーナパンチ

レシピ
カシスリキュール 30ml(今回は60ml)
ドライベルモット 10ml(今回は20ml)
レモンジュース 15ml(今回は30ml)
cocktail 120.jpg

ビルドで作ります。
私はゴブレットに氷を4個入れて、材料を注いでステアしました。
全部注いだ後に、ちょっと少ないなあと思ってレシピを倍にしてみました。

特徴
カシスリキュールは古くなると風味が落ちてしまうので、早めに使わなきゃと思ってレシピを探してみました。
渡辺丈夫氏の創作だそうです。本当はフルーツを飾るらしいということを写真を撮った後に気が付いたので、子供のイチゴをもらって浮かべてみました。:-)
味は結構甘めですね。トロピカルコンテストの作品だそうなので、フルーツをもっと多目のほうがいいのかもしれません。
cocktail 119.jpg
posted by 藤井直人 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

プロポーズ

レシピ
ブランデー 25ml
パッションフルーツリキュール 10ml
ココナッツリキュール 5ml
グレナデンシロップ 1tsp
パイナップルジュース 20ml
cocktail 117.jpg

シェークで作ります。

特徴
そろそろブランデーも最後となりました。
今の手持ちのリキュールでしかできないようなブランデーベースのカクテルを探してみました。
鈴木克昌氏の創作だそうです。
味は悪くはないのですが、かといって特筆するほどのよさもないといった感じ。
材料それぞれがバラバラに味を主張しているような気がします。
本物のレシピだとリキュールが違ったり、ジュースがフレッシュジュースだったりするのかもしれませんね。
cocktail 118.jpg
posted by 藤井直人 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレキサンダー

レシピ
ブランデー 20ml
カカオリキュール 20ml
生クリーム 20ml
cocktail 115.jpg

シェークしてカクテルグラスに注ぎます。

特徴
というわけで家で作る初のアレキサンダーです。
最近の流行はもう少しドライ気味のバランスだそうですが、最初なのでスタンダードレシピにしてみました。ナツメグはなしで。
味は、、、いいじゃないですか!家でもできますね。
甘めのバランスですが、アレキサンダーならこういう味だろうという甘さだったので逆に本物っぽくてよかったです。
写真では色が白っぽくなっちゃいましたが、本当はもう少しブラウンです。
cocktail 116.jpg
posted by 藤井直人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレーム・ド・カカオ

ブランデーベースのカクテルといえば、サイドカーの次はアレキサンダーでしょう。
一度くらい家で作ってみてもいいかなあと思いつつ、近所の酒屋さんに「そもそもカカオリキュールなんて置いてないかなぁ」と心配しながら行ってみると...
うぉ。売れ残りを680円で売ってるよ!げっとーーー
しかもボルスの透明のじゃなくて、ちゃんと茶色のでした。(アレキサンダーは茶色ので作るみたい)
cocktail 114.jpg

さてさて、これも使い切るまで何年かかるでしょうか。
しかし、怖いのはこれを使うためにグラスホッパーを作ろうとしてペパーミントリキュールを買ったり、ゴールデンキャデラックを作ろうとしてガリアーノを買っちゃうような泥沼に陥ることだなあ。
家の酒棚にガリアーノがそびえたってる姿は想像したくない。がく〜(落胆した顔)
posted by 藤井直人 at 15:21| Comment(2) | TrackBack(1) | 現在のお酒一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

カリフォルニアサンセット

レシピ
ブランデー 30ml
オレンジジュース 65ml
グレナデンシロップ 底に沈むほど
cocktail 112.jpg

ブランデーとオレンジジュースをシェークしてグラスに注ぎます。グレナデンシロップはマドラーを伝わせて底に沈めます。
本当はブランデー45mlとオレンジジュース90mlくらいなのですが、オレンジ絞ってもこのくらいしか採れませんでした...
グラスも本当はもっと大きいのを使ってください。

特徴
見てお分かりのようにテキーラサンライズのブランデー版のようです。なぜブランデーがカリフォルニアなのかは謎です。カリフォルニアオレンジだから?
やっぱフレッシュジュースで作ると美味しいですねぇ。うーむ。この味にはまると危険危険。
サコーのグレナデンシロップなので、底のほうを飲むときにも甘さがくどくなくて美味しかったです。
cocktail 113.jpg
posted by 藤井直人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイドカー(オレンジスライス入り)

レシピ
ブランデー 30ml
コアントロー 15ml
レモンジュース 15ml
オレンジスライス 1枚
cocktail 110.jpg

オレンジスライスも含めて全部シェーカーに入れて振ります。
スライスは半分でも十分。

特徴
サイドカーは定番中の定番なので、みなさんのページでも沢山登場してますね。
なにかひと工夫ほしいなぁと色々検索してみたら、オレンジスライスを入れるというレシピが見つかったのでやってみました。
おお!これいけますよ。最近 この「スピリッツ2:コアントロー1:柑橘系1」のシリーズも自分の中でマンネリ化してきてまして、辛口にしたくてコアントロー減らすと酸っぱすぎ...という失敗が多かったのですが、これはオレンジのフレッシュさが甘さを抑えつつ酸っぱすぎることもないです。
ホワイトキュラソーのオレンジの味わいにさらにフレッシュさが加わったという感じです。
難点は、いつも生オレンジ買うと高くつくってことですねえ。もうやだ〜(悲しい顔)
cocktail 111.jpg
posted by 藤井直人 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

ウィリー・スミス

レシピ
ブランデー 40ml
マラスキーノ 20ml
レモンジュース 2tsp
cocktail 108.jpg

シェークで作ります。

特徴
酒棚の奥から古ーいブランデーの瓶を発見したので、めったに作らないブランデーベースのカクテルです。
ブランデーが嫌いなわけじゃないんだけど、なんとなくベースとして使いにくいのでいままで常備はしていませんでした。(この瓶は義父のものなのです)
今日は辛目がいいなあと探したレシピがこれでしたが、味はマラスキーノの甘さが結構ありました。レモンジュースを2にしたのでちょっと救われたかも。
明日からこの瓶が空になるまでブランデー特集でやってみます。
cocktail 109.jpg
posted by 藤井直人 at 23:07| Comment(5) | TrackBack(1) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

レッド・アイ(塩入り)

レシピ
ビール 半分
トマトジュース 半分
cocktail 106.jpg

グラスに順番に注ぎます。私はトマトジュースから先に入れました。
バースプーンで底から上に持ち上げるように2,3回かき混ぜます。

特徴
ルーさんとの約束どおり試してみました。
お店で売ってるトマトジュースってやっぱ塩入ってますね。。
しかたがないのでこれでチャレンジ!
味は、、、ん、、、まあ、、、ありですよ。わーい(嬉しい顔)
私はトマトジュースが嫌いじゃないからかな。(めちゃめちゃ好きってほどでもない)
「まずいまずい」とかなり覚悟していた反動なのかもしれませんね。面白くないと聞かされてた映画に行ったら意外と面白かった みたいなものかなあ。
色は鮮やかな赤できれいでした。
cocktail 107.jpg
posted by 藤井直人 at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

ロシアン・ティフィン

レシピ
ティフィン 30ml
ウォッカ 20ml
イチゴジャム 2tsp
レモンジュース 1tsp
cocktail 104.jpg

ジャムも含めて全部シェークします。シェークは多めに振ったほうがよいでしょう。

特徴
ティフィンがあと少し残っているので、これがあるうちに作っておきたかったカクテルを。
#ロシアンティーとかけているのでしょうが、本当のロシアでの紅茶にはジャムは入れないそうです
さて味ですが、ゲテモノ系かと思っていたら意外とジャムのぷちぷちした口当たり(歯ごたえ?)が美味しいです。
かなーり甘いですが、紅茶の渋みがあるので酒飲みにもまあいけるかな。
ただ、シェーカーからなかなか出てこないのと、後片付けがめんどくさそう。。
cocktail 105.jpg
posted by 藤井直人 at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエローキャブ(かなり嘘)

本当は昨夜作ったのですが、seesaaの障害でupできなかったので今日上げてみます。

レシピ
ウォッカ 20ml
メロンリキュール 20ml
ココナッツリキュール 20ml
パッションフルーツリキュール 20ml
cocktail 102.jpg

シェークで作ります。

特徴
メロンリキュールとパッションフルーツリキュールが同時に家にあることはめったにないので、本当はパッションフルーツはシロップ(モナンのかなあ)なのですがせっかくなので作ってみました。
レシピからは、できあがりの味がさっぱり想像できなかったのですが、結果は....融合してません。:-O
メロン味のココナッツ風味のちょっぴりフルーティーなカクテルです。(なんじゃそら)
本来のヘル ブラッカー氏の作品では、この上に生クリームを浮かべるそうです。
かなりの甘口の割には、いやな感じはしないのはパッソアが効いてるからかなあ。
今度バーに行ったときに、プロの腕ではどんな味になるのか試してみたい一杯でした。
cocktail 103.jpg
posted by 藤井直人 at 20:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 失敗作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

ピニャコラーダ(簡易版)

レシピ
ココモ(ココナッツリキュール) 45ml
パイナップルジュース 45ml
ミルク 45ml
cocktail 100.jpg

材料をシェークした後、氷(本当はクラッシュドアイス)を入れたグラスに注ぎます。

特徴
昨日のパッシモと一緒に買ったココモを開けました。
本当のピニャコラーダはココナッツミルクとラムを使うようですので、これは簡易版ということで。
でも簡易版でも美味しいですよ!トロピカル風味満載です。
飲んでる途中で気が付きましたが、上面にふわふわしたミルクの泡が上がってくるのでストローで飲むほうが飲みやすいですね。
cocktail 101.jpg
posted by 藤井直人 at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

ドュロン

レシピ
パッシモ 30ml
ウォッカ 10ml
ブルーキュラソー 10ml
レモンジュース 10ml

シェークで作ります。
cocktail 098.jpg

特徴
さっきのが美味しかったので、調子に乗ってパッシモでもう一杯。
この青色(深い青紫)のカクテルは初めて見ました。
これも甘口ですが、いやな甘さじゃないのでクイクイ飲めちゃいます。
毛利孝雄氏の創作で、この青はエーゲ海の色なんだそうです。
本物のレシピでは、パッションフルーツリキュールはアリーゼ(エリーゼ?)というブランデーの入ったものを使用しているようですね。
cocktail 099.jpg
posted by 藤井直人 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 普通だったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラヴァーズマティーニ

レシピ
ドライジン 30ml
パッションフルーツリキュール 20ml
レモンジュース 5ml
グレナデンシロップ 5ml

シェークで作ります。
cocktail 096.jpg

特徴
先日買ってきたパッソアを開けてみました。
甘口ですがフルーツ感たっぷりなので美味しいですね。
色もきれいなので使いこなしが楽しそうです。
ちなみに、このカクテルは夏堀礼二氏の創作だそうです。
cocktail 097.jpg
posted by 藤井直人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしかったカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。